お知らせ

2015年04月03日 中田朋子弁護士が、2015年3月、アメリカの相続・信託専門の弁護士団体であるThe American College of Trust and Estate Counsel (ACTEC)のInternational Fellowに選ばれました。

中田朋子弁護士が、2015年3月、アメリカの相続・信託専門の弁護士団体であるThe American College of Trust and Estate Counsel (ACTEC) International Fellowに選ばれました。

The American College of Trust and Estate Counsel (ACTEC)は,1949年に米国で設立された相続・信託専門の弁護士の非営利団体です。http://www.actec.org/

ACTECには,自ら希望して入会することはできません。ACTECFellowにより他薦され,各州及び全体の選考委員会,最終的にはACTECの理事会における厳正な審査及び投票を経て,相続・信託分野のカウンセラーとして最も高いレベルの職業的基準・献身・能力・経験を有する者と認められて初めて,入会を承認されます。

米国では,多くの相続・信託専門の弁護士が,ACTECへの入会をキャリア上の目標とし,入会承認が高い名誉と受け止められています。全会員262名のうち37名が米国以外の国際会員(International Fellow)で,バミューダ1名,カナダ20名,フランス1名,ドイツ1名,英国4名,イスラエル2名,メキシコ1名,オランダ1名,ニュージーランド1名,スイス2名,ベネズエラ1名となっており,アジアでは,香港1名のほか,日本からは中田朋子が初めて入会を認められました(20154月現在)。

活動内容としては,年3回の会議(各委員会に分かれての議論)などを通じ,法令・実務の改善のための研究や研鑽が行われております。中田朋子弁護士は,委員会のうちThe International Estate Planning Committeeに所属しています。この委員会では,国際的側面のある個人(財産を海外にも保有/国際結婚等)の生前のエステート・プランニング,相続手続,裁判に関する問題を集中的に扱って議論します。

ACTECの会議等を通じて,米国各州又は米国以外の国のFellowと知り合い,ネットワークを築くこともできます。

事務所としては,ACTECが中田朋子弁護士の入会を承認して下さったことを大変光栄に思い,ACTECの活動への参加等を通じ,海外の専門家との交流を広げ,国際相続の分野でのお客様へのサービスの質を一層高められるよう研鑽に努めていく所存です。

 

ページの先頭へ戻る