金融法務

銀行取引

銀行業務に関わる訴訟その他の紛争解決、銀行法、金融商品取引法等に関する法律意見書の作成等を行っています。顧問先金融機関に対する長年の法律相談等を通じて、実務に即したアドバイスに努めています。

信託取引

信託は、社会の様々な側面で用いられています。

個人の財産承継・事業承継目的での信託商品だけでなく、企業年金等資産運用、資産流動化、コーポレート・ガバナンス等にも用いられております。

弊事務所では、銀行法・金融商品取引法とともに信託法を取扱分野の中核とし、①予防法務(遺言代用信託、判断能力低下時対応のための信託や年金信託等の信託商品、ラップ等の資産運用業務・相続関連新商品に係る契約書作成や信託銀行の会社法務部門への助言を含む。)及び②紛争解決の双方に係るサービスを提供しております。地域金融機関・銀行との信託銀行の信託・相続関連業務の連携等についても助言しています。
信託の業界団体や大手金融機関での役職員向けセミナー・研修講師などの経験もあります。

コンプライアンスに係るアドバイス(マニュアル策定、体制整備等)

金融機関のコンプライアンスについて、数十年間アドバイスをしており、ホットライン窓口(海外対応を含む。)等につき長年の実績もあります。
外国のレギュレーションの調査・対応が必要な場合には、米国、オーストラリア、シンガポール、ハワイ、台湾、韓国等海外法律事務所と連携の上で支援させていただきます。

ページの先頭へ戻る